MENU

ちゅらトゥースホワイトニングの成分は?これが白さの秘密だった!

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングを使った人から「黄ばんでいた歯が白くなった!」などの口コミが寄せられています。

 

確かに雑誌などにも取り上げられて歯が白くなることで話題になっているホワイトニングですよね。

 

そんなに歯が白くなるなんて・・・

 

ちゅらトゥースホワイトニングの成分っていったい何が入っているの!?歯に優しい成分なの!?

 

と少し不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

 

ここではちゅらトゥースホワイトニングの主な成分を紹介していきますのでぜひご覧くださいね。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングの主な成分とその効果は?

 

それでは成分を紹介していきますね。

 

 

「ポリアスパラギン酸」

 

このポリアスパラギン酸のアミノ酸高分子が、歯の汚れや口臭の原因になるたんぱく質にくっつき、

 

汚れを浮かせて落とすという作用があります。

 

この成分は磨いていけば磨くほど効果を出してくれるので歯が白くなるのです。

 

 

「リンゴ酸」

 

りんごの実から見つかったこのリンゴ酸は汚れを落とすという効果だけではなく、

 

再び汚れが歯につかないようにする特徴があります。

 

白くキレイな歯を維持していくのに欠かせないのがリンゴ酸です。

 

 

「ビタミンC」

 

柑橘類に多く含まれている成分ですが、このビタミンCも歯の汚れを除いてくれるのです。

 

そしてビタミンCは歯だけではなく歯茎も健康にしてくれます。

 

 

「GTO」

 

GTOは新成分で、ウーロン茶排出物とホップエキスから出来た成分です。

 

GTOは虫歯の原因となる不溶性多糖類合成酵素を阻害して虫歯を予防してくれる成分なのです。

 

 

「アラントイン」

 

歯茎の腫れや炎症を抑えてくれる効果があり、歯周病や歯肉炎などを予防してくれる成分です。

 

歯周病や歯肉炎になると最終的には歯が抜けることになりかねません。

 

見た目の印象にも大きく影響しますのでアラントインも大事な役割を果たす成分なのです。

 

 

「シメン-5-オール」

 

この成分は広範囲の殺菌性を持つ成分です。

 

シメン-5-オールは繰り返して使用することで菌の数を減らしてくれます。

 

口の中の雑菌を減らしてくれるので口臭を予防してくれます。

 

口臭は相手に不快な思いをさせてしまいますし、自分では気づかないもの。

 

日頃から口臭予防が出来るので口臭に悩んでいる方にもありがたい成分となっています。

 

 

いかがでしょうか?

 

以上がちゅらトゥースホワイトニングの主な成分です。

 

これらがちゅらトゥースホワイトニングの白い歯の秘密だったんですね!

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングの効果をまとめると

 

1.歯の黄ばみが無くなり白い歯になる!

 

2.歯に汚れが付きにくくなる!

 

3.歯茎も歯も健康になる!

 

4.虫歯、歯周病、歯肉炎や口臭を予防する!

 

研磨剤は使用せず、歯に優しい成分なのにこのような効果が得られるホワイトニングなのです。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングはドラッグストアなどでは販売されておらず公式サイトでの限定販売です。

 

公式サイトでは成分のことや利用者の口コミなども見れますのでぜひご覧くださいね。

 

公式サイトはこちらからどうぞ。

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ