「出会い」も「別れ」も費用がかかる

人は必ず死にます。
考えてみると、生まれる時にも高額なお産費用がかかり、死ぬ時にも高額な葬儀費用がかかります。
どう考えても、これって変じゃないですかね・・・。

一般的な葬式費用は、どのくらいかかるのでしょうか。
っていうか・・・葬式費用の内訳は「葬祭費用」「飲食費用」「お寺さん費用」で、メインの斎場費を含む葬祭費用は100万円~200万円。

祭壇費用は最低でも20万円からというのが殆ど。
祭壇費用とは別に、棺、骨壺、ドライアイス、遺体搬送費用、霊柩車、祭壇を飾る諸々のものが必要になります。

それらを合算すると、55万円前後にはなってしまいます。
つまり、葬祭費用だけで55万円。

それに、飲食費用、寺院に支払う費用を加えると・・・・とんでもない金額になってしまいます。
これでは、貧乏人は死ぬことすらできないという、実に、悲しい事態になります。

ちょっと古いですが、平成15年の日本消費者協会のデータでの葬式費用は平均189万円。

葬儀の料金体系は、業者により異なりまちまちです。
見積もりをとりたいところですが、遺族の気持ちとしては、そんな余裕はないと思います。

そう考えると、高齢者のいる家庭では、前もってどこの葬儀会社に依頼するのか、一応の目安をつけておくことも必要ですね。

▲詳しいことは→ダイイチ葬祭サービス▼
葬式のことならこちら。

草津温泉を日帰りで楽しめる草津ナウリゾートホテル

草津温泉は国内有数の温泉地として知られています。
温泉に来るとなると泊まりがけの旅行を想像するかもしれませんが、もっと気軽に楽しむこともできるんです。

草津名物・湯畑から車で5分の「草津ナウリゾートホテル」では、日帰りで楽しめるプランが用意されています。
気軽に立ち寄れる平日800円・特別期間(日曜・祝日・GW・夏休み・年末年始)1,000円の「温泉入浴プラン」や、ランチと入浴を1,600円で楽しめる「気軽に中華ランチ&入浴プラン」は事前に予約をする必要がありません。
特に温泉のみのご利用は夜10時までご利用になれますので、思い立ったときにすぐ行けるのがうれしいですね。

また、貸し切り露天風呂付きや本格コースランチのプランは、ちょっとしたぜいたくを味わいたいときにおすすめです。
女性に嬉しいエステがセットになったプランなど充実の内容には、きっとご満足できるでしょう。

草津ナウリゾートホテルの温泉は、泉温94度という万代鉱源泉を利用しています。
真菌症、リウマチ、神経痛などに効能があるとされていますので、疲れを癒しながらご入浴をお楽しみください。
また、温泉の成分の刺激が心配な方は加水または真湯でのご入浴がおすすめです。

草津温泉を楽しむなら、草津ナウリゾートホテルの日帰りプランをぜひご利用ください。

Welcome , today is 月曜日, 2014年4月21日